MENU

クリアポロンと艶つや習慣は何が違うの?

クリアポロンも艶つや習慣も、どちらもイボケアや年齢肌ケアにいいとして話題のアイテムですよね。
しかし、当然、全く同じ内容というわけではありません。
そこで、今回は、クリアポロンと艶つや習慣を比較してみましたので、ご参考になさってください。

 

▼イボケアについて
どちらもイボケア向きですが、
・Wヨクイニン
・あんずエキス
・カミツレ花エキス
・アラントイン
を配合しているクリアポロンのほうが高い作用を期待できると言えます。

 

艶つや習慣のイボケア有効成分は、
・ヨクイニン
・あんずエキス
となっております。

 

▼保湿について
年齢肌のみならず、ほとんどの肌トラブルを緩和させるのに保湿は欠かせません。
乾燥から肌を守り、うるおいのある健やかなお肌へ導いてくれることに期待ができる成分に関しても、クリアポロンのほうが優勢と言えます。
・3種のセラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・スクワラン
などが配合されているのです。
特に注目すべきはセラミドです。
スキンケアアイテムで使用される保湿成分の中で「最も」といってもいいほど保湿効果が高いとされている成分です。

 

一方の艶つや習慣も、
・プラセンタエキス
・アロエベラエキス
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
と有効成分が配合されていますが、セラミドは入っていません。

 

▼低刺激かどうか
クリアポロンは、無添加処方ですが、艶つや習慣はエタノールやPGなどが配合されていますので、気になる方もおられるかもしれません。

 

どちらがいい、というわけではないですが、クリアポロンのほうがイボケアや保湿ケアなどに高い効果を期待できそうですね。

 

⇒クリアポロンの詳細はこちら

 

クリアポロンとシルキースワンの違いについて

続きましてはクリアポロンとシルキースワンの違いについてもみていきましょう。
どちらも、イボケアや保湿ケアにぴったりの商品ということで人気です。

 

▼成分から見る期待できる効果について
どちらも、イボケアや保湿ケアに有効な成分が贅沢に配合されています。
ヨクイニンやあんずエキスも配合されていますが、イボケアと言えば、やはり、ヨクイニンは外せません。
そのヨクイニンが2種類配合されているクリアポロンのほうが大きく期待ができると言えそうです。

 

保湿成分に関しては、クリアポロンもシルキースワンも、
・スクワラン
・ビタミンC誘導体
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・プラセンタ
が配合されています。
加えて、シルキースワンにはアミノ酸が配合されているもうれしい点です。

 

しかし、クリアポロンには、アミノ酸は配合されていませんが、
・セラミド
・アラントイン
・トレハロース
・オリゴペプチド
・プロテオグリカン
が配合されているので、セラミドが保湿に関しても、シルキースワンよりも大きく期待ができそうです。

 

そして、敏感肌の方でも使いやすい低刺激なのかについてですが、クリアポロンは、着色料、パラベン、鉱物油、アルコール、紫外線吸収剤、香料が無添加であるのに対して、シルキースワンは記載がありませんでした。
こちらもどっちの商品が優れているというものでないですが、クリアポロンのほうが期待ができそうですね。
気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

⇒クリアポロンの詳細はこちら